使用ソフトウェア - モータ音の再現 - 基礎 | BVE Workshop

使用ソフトウェア

公開

音声編集で役立つソフトウェア

 モータ音データの作成で使用するソフトウェアを紹介します。ここで紹介するソフトは全てフリーウェアです。

波形加工ソフト(必須)

 音声の切り出しなど音声に加工を加えるために必要になります。BVEで使用するならWavePaseri、Audacity、SoundEngine Free辺りが便利です。

WavePaseri

 BVE2/4のアドオンデータ制作解説ページで紹介されていたソフトです。シンプルで使い方の分かりやすいソフトですが、読み込めるフォーマットに制約がある(44100kHz、16bitが上限)、やり直し(アンドゥ)が一回のみ、データを全てメモリ上に読み込むので巨大なファイルは開けない、と使いづらい点もあります。

 ダウンロードはこちらから : WavePaseri

Audacity

 定番の高機能な波形加工フリーソフトです。デフォルトの設定はやや使いづらいですが、キーボードショートカット設定などをカスタマイズすると使いやすくなります。

 ダウンロードはこちらから : Audacity

SoundEngine Free

 こちらも定番のフリーの波形加工ソフトです。エフェクト関係が充実しています。

 ダウンロードはこちらから : SoundEngine Free

WaveMaster(オプション)

 モーター音の構成成分の分離、雑音成分の除去などに使用します。特にVVVFインバータ制御車両においてリアルなモータ音を再現したい場合にはこのソフトを使いこなす必要があります。また、モータ音のピッチ調整の際にも、モータ音の音程変化を視覚的に判断できるので便利です。

 ダウンロードはこちらから : Wave Master

 詳しい使い方についてはこちらのページをご覧ください : WaveMasterの使い方

WaveSpectra(オプション)

 音声データのスペクトラム表示ソフトです。WaveMasterでは得ることのできない、特徴的な音成分の周波数の正確な値を取得するのに使用します。うまく使いこなせば、音感に頼ることなく厳密なモータ音ピッチパラメータの設定を行うことができます。

 ダウンロードはこちらから : WaveSpectra

WaveGene(オプション)

 テスト音声信号発生ソフトです。ある周波数ではどのような音程で聞こえるのかを調べるのに便利です。上記2ソフトのお供として使うとよいでしょう。

 ダウンロードはこちらから : WaveGene

表計算ソフト

 モータ音設定テーブルを編集する際に必要になります。MicrosoftのExcelが代表的ですが、お持ちでない場合はフリーのオフィスソフトであるLibreOfficeやOpenOfficeの「Calc」を使うとよいでしょう。

 ダウンロードはこちらから : LibreOffice, Apache OpenOffice